青年部/事業報告   青年部/事業計画案 
 
青年部/平成29年度事業報告

自:平成29年4月1日 至:平成30年3月31日


1.概  要
 平成29年度の主な事業といたしましては、5月に研修視察として熊本・長崎に赴き、被災地の復興状況を視察し、町の復興がどういうものかを再認識をするとともに、視察地である「ピーエス潟Iランジュリ」を施設見学しました。このピーエス潟Iランジュリとは、大正時代に建築した旧第一銀行熊本支店を熊本の自然環境に適したピーエスグループのリノベーションした建物になっております。建物全体にピーエス工場が開発した除湿型放射冷暖房システム【HR-C】により自然な涼しさと湿度を抑えた空間が実感出来るとあって、当日は蒸し暑さを感じる気候にもかかわらず室内は快適空間を実現している等、大変有意義な経験をして参りました。
 また10月には能力開発セミナーを開催。今回は昨今社会的に大きな話題となっている「働き方改革について」と題し、社会保険労務士八重樫事務所の八重樫信也氏を講師に迎え、働き方改革についての説明、働き方改革を取り巻く社会的背景、国の動き、今後の展望など詳細にご講演をいただきました。
  2月には講師に鰍hBC岩手放送アナウンサーの松原友希氏を迎え、「見ちゃお聞いちゃお、アナウンサーの仕事」と題し新年講演会を開催。松原氏が現在担当している番組における苦労話や裏話なども織り交ぜ、放送業界等についてのご講演をいただきました。
  岩手県では、平成29年度から平成30年度を第3期復興実施計画の「更なる展開への連結期間」と位置付け、復興事業の総仕上げとして、一人一人の復興に寄り添いながら、その先を見据えた地域振興に総力を挙げて取り組んできた1年でしたが、技術者・技能者の不足や資材・労務単価の高騰など、まだまだ復興を実感できるには至っていないのが現実でした。そうした中で、青年部会の皆さまのご協力で平成29年度の事業も無事終わる事が出来ました事を感謝申し上げます。


2.会員数
42名(平成30年3月31日現在)

3.総会及び会議
  29. 4.19  平成29年度監事会開催(岩手県空調衛生工事業協会 会議室
  ・平成28年度会計監査について

  29 5. 9  1回役員会開催(盛岡グランドホテルアネックス
  ・部会員の入会承認について
  ・平成29年度総会議案最終確認について
  ・平成29年度青年部会研修視察について

  29 5. 9  平成29年度総会開催(盛岡グランドホテルアネックス)
  ・平成28年度事業報告承認の件

  ・平成28年度収支決算承認の件

  ・平成29年度事業計画(案)承認の件

  ・平成29年度収支予算(案)承認の件
  ・平成29年度年会費の額及び徴収方法承認の件
    
  ・役員改選の件


  29. 5.25
    〜5.27 
平成29年度青年部会研修視察
     「ピーエス潟Iランジュリ視察(熊本県)」  〜20名参加〜

  29. 9. 6  2回役員会開催(岩手県空調衛生工事業協会 会議室) 
  
・部会員の入会承認について
  ・平成29年度能力開発セミナーについて
 
  ・第5回青年部杯ゴルフコンペについて

  29.10.20  平成29年度岩手県建設業協会青年部連絡協議会交流会
  (久慈市 久慈グランドホテル)
 〜小山部会長出席〜
  
  29.10.24  平成29年度 能力開発セミナー開催
  (LIXIL盛岡 ショールーム 2F会議室)
  〜30名出席〜
     ・講師 社会保険労務士八重樫事務所 八重樫信也氏

  29.11.16  第5回青年部杯ゴルフコンペ開催
  (宮古カントリークラブ)
  〜21名出席〜
    
  29.11.24  山形市管工事協同組合青年部 設立30周年記念祝賀会
  (山形国際ホテル)
   〜八重樫理事出席〜
  
  30. 2.20  3回役員会開催(ホテルロイヤル盛岡)
  ・平成29年度収支決算報告(見込)について
  ・平成30年度事業計画案について
  ・平成30年度収支予算案(見込)について
  ・平成30年度総会について
  ・平成29年度岩手県建設業4団体青年部交流会について
  ・創立30周年記念事業について
  ・平成29年度新年講演会の最終確認について

  30. 2.20  平成29年度青年部会新年講演会開催
  (ホテルロイヤル盛岡)
  〜31名出席〜
     ・講師 鰍hBC岩手放送アナウンサー 松原友希氏
  30. 3.20  岩手県建設業4団体青年部交流会開催〔電気青年部主催〕
  (ホテルルイズ)
   〜13名出席〜
  

 青年部/事業報告   青年部/事業計画案 


Copyright(c) IWATEKEN KAN KOUGYOU KYOUKAI